【記事紹介】"目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート第10回"

第10回 App Storeでアプリを公開

ついに最終回となってしまいました

最後は「App Store」に作成した「アプリ」を登録する方法となっています

個人的にはまだまだ勉強不足で登録するような状況ではありませんが、
いずれそういうアプリが作成できた時にはぜひ参考にしたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「iPhone Developer Program」のライセンス期限の延長を発表

アップル、iPhone Developer Programのライセンス期限を延長

複数の報道によると、Appleの開発者らは「iPhone」の開発ライセンスの更新に苦労しているという。Appleは米国時間3月13日、開発者らに良い知らせを伝えた。すべての開発者のライセンスが7月11日まで延長されたのである。この日付は「App Store」のオープンから1年にあたる。

 さらにAppleは、ライセンスの更新が5月に始まる予定であると発表した。iPhone Developer Programの期限切れの60日前である。開発者は電子メールでこの知らせを受け取った。

ライセンス期限が迫っていて、開発者の人たちは困惑していましたが、ようやく解決したようですね
しかも、延長という結果になりましたので、開発者の人たちにとってもお得ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【記事紹介】"iPhoneアプリの1年--開発者から見たApp Storeの功罪"

iPhoneアプリの1年--開発者から見たApp Storeの功罪

個人的にポイントだと思うところをまとめてみました

・AppleにはiPhoneアプリケーションの配布に大きな強みがあった。音楽であれ、映画であれ、アプリケーションであれ、結局のところ情報は情報であり、非常に多くのコンピュータにすでにインストールされ、よく知られているフレームワークである「iTunes」でiPhoneアプリケーションを配布できるようにしたAppleは賢明だった。
・要は、ある日にはApp Storeへの登録が認められなかったおならアプリが、別の日には登録できるようになり、Appleはその理由を説明しなかったということだ。iFart Mobileのダウンロードが40万件を越えた現在では、Comm氏は気にしていないが、AppleによるiPhoneの厳しい配布管理は、開発者にとって喜ぶべきことでもあり、呪わしいことでもある。
・iPhoneが発展した1年でAppleが犯した最大の過ちは、開発者に秘密保持契約を強要するという決定だった。この契約はヒントや秘訣について仲間の開発者と話し合うことを禁止するもので、競合企業がiPhoneに関する情報を入手できるようになるかもしれないというやや見当違いな考えに基づいていた。

「iPhoneアプリ」の1年間を振り返ると、「iTunes」を配布ソフトとして選んだ点は非常に良かったと思います
そして「審査」については、何も変更せず「再審査」では承認された等、不明確な部分が多く、開発者はその不明確さに困っている部分だと思います
同じ開発者側からすると、「意見交換」についての秘密保持契約は技術的な部分でネックになった部分もかなりあると思います

簡単にまとめてしまうと、上記のようなポイントに絞れてしまいますが、
なんにせよ、「iPhoneアプリ」が成功を収めており、「iPhoneユーザー」限定とはなってしまいますが、
多くの魅力的な「アプリ」を開発している開発者がいることで、「iPhone」の「モバイルアプリケーションプラットフォーム」としての優位性は非常に高いものになっているのではないでしょうか

日本では「iPhone」は「携帯」+「α」のイメージが強い気がします
その為、「携帯」として使いにくいという点で普及に歯止めがかかっているのかもしれませんね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート第8回"が更新されてます

第8回 アプリの完成を目指して

今回はさらにアプリ開発が進み完成まで至ります

次回は,作成したアプリをiPhoneおよびiPod touch上で動作させる手順,およびそのために必要な「iPhone Developer Program」(有償)への登録手続きについてご紹介します。

まだまだアプリ開発の初歩を勉強しているところなので
個人的にはまだ有償プログラムへの登録はまだまだと思っております

下記の2冊も購入して、少しずつ勉強していきたいと思ってます
まだ「iPhone デベロッパーズ クックブック」しか届いていませんが、
ぱっと見た感じでは開発中にちょこちょこ見ることになりそうな本のように感じます
さすがクックブックというタイトルが付いてるだけはありますね

自作アプリをApp Storeで世界に向けて販売できる!! iPhone SDKプログラミング大全 (MacPeople Books)Book自作アプリをApp Storeで世界に向けて販売できる!! iPhone SDKプログラミング大全 (MacPeople Books)

著者:木下 誠
販売元:アスキー・メディアワークス
発売日:2009/01/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する


iPhone デベロッパーズ クックブックBookiPhone デベロッパーズ クックブック


著者:Erica Sadun

販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「iPhone デベロッパーズ クックブック」

iPhone デベロッパーズ クックブック

iPhoneアプリ開発のガイドブックについては、すでに大人気で売切れ状態が続いている「iPhone SDKプログラミング大全」という書籍がございます。

「amazon」でも常に「一時的に在庫切れ」となってしまっています
そんな状況ですので僕もいまだに購入できていません

ソフトバンククリエイティブからも「iPhone デベロッパーズ クックブック」という書籍が2月12日に刊行されるそうで、さっそくアマゾンで注文してみました。

そんな中さっそく別の「iPhoneアプリ開発」の本が発売されるようです

これも要チェックですね

発売すると「iPhone SDKプログラミング大全」のように
しばらく購入できなくなる可能性もあるので今のうちに予約しようかなと思います


iPhone デベロッパーズ クックブックBookiPhone デベロッパーズ クックブック


著者:Erika Sadun

販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


自作アプリをApp Storeで世界に向けて販売できる!! iPhone SDKプログラミング大全 (MacPeople Books)Book自作アプリをApp Storeで世界に向けて販売できる!! iPhone SDKプログラミング大全 (MacPeople Books)


著者:木下 誠

販売元:アスキー・メディアワークス

発売日:2009/01/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)