« 「iPhone」版「Skype」がリリース | トップページ | 韓国「Apple Store」がお得 »

「Google Chrome」のMac版とLinux版を2009年前半にリリース予定

グーグル、「Google Chrome」のMac版とLinux版を2009年前半にリリースへ

ついにGoogleは、オープンソースのウェブブラウザ「Google Chrome」のMac版およびLinux版を望む顧客の要望に応じ、各製品版のリリースが2009年前半に行われる予定であることを明らかにした。

ようやく「Google Chrome」の「Mac版」および「Linux版」がリリースされる予定が見えてきましたね


「Mac」を使いながらも「Google Chrome」の方が便利なので、もっぱら「Vmware Fusion」上の「Vista」で使ってます

「Mac版」がリリースされればわざわざ「Vista」上で使わなくて済むようになりますね

リリースされるのを楽しみに待ちましょう

Internet Explorer(IE)を使用する大勢のメインストリームユーザー層を取り込みたいという願いは理解できるし、Windowsプラットフォーム上で、(IEに)対抗するブラウザを提供して、少しはMicrosoftに打撃を与えようとする目論見は分かるのだが、筆者は、Windowsという最も安定したシェアのOS向けに、革新的な打撃をもたらすブラウザをまず投入することに、どれほどの意義があるのかを理解できないでいる。

確かにシェア率から考えても「Windows環境」でリリースするのが好ましいでしょう
ただ、「Windows環境」にはとりあえずPCを使えれば良いユーザーが相当数いるはずですので
そのユーザーを「IE」から解き放つのは相当至難なのではないでしょうか

それを考えると「Mac」や「Linux」の方が、ブラウザに対する考え方が素直なのではないでしょうか

ただ「Firefox」に危機感を与えるほど成長できるかが勝負ポイントでしょうね

|

« 「iPhone」版「Skype」がリリース | トップページ | 韓国「Apple Store」がお得 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/67132/27095304

この記事へのトラックバック一覧です: 「Google Chrome」のMac版とLinux版を2009年前半にリリース予定:

« 「iPhone」版「Skype」がリリース | トップページ | 韓国「Apple Store」がお得 »