« 「iPhone」でおサイフケータイを実験中? | トップページ | "誰でも弾ける7つの楽器アプリ"の紹介 »

「Google Mobile App」の規則抵触

グーグル、「Google Mobile App」でのApp Storeの規則抵触を認める

Googleは、iPhone向けアプリケーションである「Google Mobile App」の最新版を開発する際に、AppleのiPhoneソフトウェア開発キット(SDK)が定める公式規則に抵触していたことを認めた。

"Google"から発表された画期的なアプリ「Google Mobile App」はどうやら公式規則に抵触する問題があったようです

Googleの広報担当は米国時間11月25日、Google Mobile Appが音声検索に必要となるiPhoneの近接センサを利用するために(サードパーティー使用を)認可されていないAPIを使用していることを認めた。iPhone向けアプリケーションを開発する場合、開発者は利用許諾契約の下、AppleがSDKで開示しているAPIだけを使用することになっている。

どうやら認可されていないAPIを使用して作られたアプリのようです

う~ん、逆に言えば、このAPIを使わないとこのようなアプリが作れないってことですかね
(他に代替するAPIがあるのであれば元からそっちを使うでしょうね)

Google Mobile Appの承認の際、Googleが未認可のAPIを使用していることをAppleが知っていたのか、あるいは単に見落としてしまっただけなのかは明らかになっていない。

画期的なアプリの作成にはこのような問題が残っていたとのことですが、
もうひとつの問題はこれを認識していたかいないかですよね

AppleがSDKの使用条件の徹底を決定した場合、Googleは、Google Mobile Appのコードを書き直すか、近接センサの使い方を変えることを求められるかもしれない。

せっかく画期的なアプリができあがっても上記のようなことが発生した場合、
使い方を変えて対応できるならいいですが、できなくてアプリとして存在しなくなるってことになると
それはそれでひとつのアプリが失われることになりますので、どうかと思いますね・・・

|

« 「iPhone」でおサイフケータイを実験中? | トップページ | "誰でも弾ける7つの楽器アプリ"の紹介 »

iPhone 3G」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/67132/25668259

この記事へのトラックバック一覧です: 「Google Mobile App」の規則抵触:

« 「iPhone」でおサイフケータイを実験中? | トップページ | "誰でも弾ける7つの楽器アプリ"の紹介 »